amoment 鈴木弘之写真展 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

記憶の記録

「日常」という「今」は「工事」という

「非日常」の結果だった。

日常が始まれば、どこかに行ってしまう「非日常」

非日常の「その時」をカメラは憶えていてくれる。

写真は「過ぎた日」の記憶の目覚めだ。                                                                                                                                                                                                                                                                                          h.Suzuki

 

 

ニコンサロンbis

http://www.nikon-image.com/activity/salon/exhibition/2011/05_osaka-bis.htm#03