記憶の記録
「日常」という「今」は「工事」という
「非日常」の結果だった。
日常が始まれば、どこかに行ってしまう「非日常」
非日常の「その時」をカメラは憶えていてくれる。 [...]